施術の種類や特徴などを調べてから受けてみよう

顔を小さくする方法とは

女性

原因に応じた方法を選ぶことがポイント

雑誌のモデルさんは全般的に顔の小さい人が多いですが、これは小顔のほうがボディバランスがよくなるためです。日本人はボディに対して顔が大きい傾向があるため、スリム体型に見えにくいわけです。体重は標準値なのに痩せて見えないという人は、顔が大きいことが理由かもしれません。美容整形の小顔矯正が注目されている理由は、美顔になりたい、スタイルをよくしたい、などが多いです。実際に小顔矯正を受けるようになったら、若く見られるようになった、以前よりモテるようになった、などと答えている人は少なくありません。リンパの巡りが悪化して顔太りを招いているなら、サロンのマッサージで解消できます。脂肪や咬筋の発達、エラ骨の張りなどが原因で顔太りを引き起こしている場合に関しては、美容整形で施術を受けるのがおすすめです。脂肪太りはマッサージで時間をかけて解消できることがありますが、脂肪溶解注射を打てば短期間で顔痩せが実現します。咬筋やエラ骨に由来する顔太りの場合は、医療機関以外で解消することはできません。

理想の小顔を実現できる小顔矯正ですが、受ける前に注意点を把握しておきましょう。例えば脂肪溶解注射やボトックス注射にはある程度の痛みがあり、痛みが弱い人だと麻酔が必要になることもあります。極細針を使用しているクリニックだと痛みは弱いですが、太い注射針を使用しているクリニックだと痛みが強くなります。クリニックによって使用する注射器や麻酔方法が異なりますので、ここは事前に確認しておきましょう。注射によるダウンタイムは弱いですが、当日は安静に過ごすのが得策です。無理な運動をしたり熱いお風呂に入ったりすると、腫れが強くなる可能性があります。エラ骨が進化している場合はエラ骨削りの小顔整形が役立ちますが、エラ骨が少ない人の場合はあまり効果を期待できません。顔太りの原因に合わせて矯正方法を変えていく必要があるので、ここはカウンセリングで医師と相談しながら詰めていきましょう。セルフケアで解消できる顔太りは、リンパの巡りの悪化や脂肪太りによるものだけです。骨格や筋肉に由来する症状に関しては、美容整形の小顔施術を受ける必要があります。

Copyright© 2019 施術の種類や特徴などを調べてから受けてみよう All Rights Reserved.